© 2017  Choi JaeChol  All Rights Reseved.

CHANGO  LESSON 

両面の韓国太鼓をカラダに担いで&締めて、叩いて踊ると、なんとも不思議なワクワク感が生まれます。リズムを作りながら、歩いたり、踊ったりするのは、ちょっと難しいかもしれないけれど、一度やってみると、たまらなく面白いんです。
 

『リズムってこんな風にも取れるんだなぁ~』
『太鼓ってチカラそんなに要らないんだなぁ~』
『叩きながら回ると、うわぁ~、面白い!』

と、感じて貰えれると思います。

初心者の方も、そして経験者の方も、チャンゴ叩き踊りを習いたい方は、どうぞ連絡をして下さい。

レッスン料

・個人レッスンは 1時間 3000円 (2 時間以上~)

・グループレッスンは 一人 1時間 2000円 (2 時間以上~)

・別途:会場費

・楽器レンタル費用 500円

問い合わせ choijaechol@yahoo.co.jp

2015年 チャンゴワークショップ

CHANGO RYTHMS

クッコリ、サムチェ、トンサルプリ、フィモリ。

 

1年12ヶ月。春夏秋冬、四季のうつろいがあるアジア、韓国。チャンゴや農楽のリズムは自然のサイクルを基にして生まれて来ました。


年の初め(迎春)を祝って太鼓を叩いてエネルギーを発散して、初夏に稲を植えて育てて、秋に来る収穫を目指して農作業をし、そして厳しい寒い冬を乗り越えて行きました。

全身を使って仕事をする農夫達を、太鼓を担いで叩きながら、応援をする農楽のリズム。

自動車や電車も無く、働くことと歩くことがとても身近だった時代。
雨や風、大地の恵みを受けながら暮らす人々が感じ取って生まれたリズムがチャンゴのカラッ(リズム)と言います。

1周期12拍のサイクルの中に、1年、春夏秋冬、1月、1日、1時間といった、時間が流れていています。チャングを叩き歩きながら、心地よい自然の流れを感じられます。

ソルチャング フィモリ