© 2020  Choi JaeChol  All Rights Reseved.

第八回 天籟(てんらい)能の会
韓国芸能「農楽」と半能「賀茂」間狂言「御田」
2020年1月25日(陰暦元日) 国立能楽堂

<公演内容>
お話 日本と韓国の神話と民俗:東京大学名誉教授(歴史学) 保立道久

 

半能『賀茂 御田』 
シテ 別雷神:清水 寛二
ツレ 御祖神:谷本 健吾
ワキ 室明神ノ神職:安田 登
ワキツレ 従者:吉田 祐一
オモアイ 賀茂明神ノ神職:野村 又三郎
立頭 早乙女:奥津 健太郎
立衆 早乙女:野村 信朗
立衆 早乙女:奥津 健一郎
立衆 早乙女:野口 隆行

笛:槻宅 聡
小鼓:田邊 恭資
大鼓:大倉 慶之助
太鼓:林 雄一郎
地謡:西村 高夫
地謡:柴田 稔
地謡:小早川 修

後見:安藤 貴康
狂言後見:藤波 徹

 

農楽 
『門クッ』(村入りの儀礼)
『成造プリ』(家の神を讃える歌)
『パンクッ』(農楽の合奏)
『コッカルソゴチュム』(花笠小鼓舞)

 

from 高敞農楽
ソゴ:任誠俊(イムソンジュン)
ケンガリ:金僊越(キムソヌォル)
チャング:朴惠珍(パクヘジン)
  
from東京
チャング:崔在哲(チェジェチョル)
チン:柳絢子(リュウスンジャ)
旗手:黄麗那(コウレイナ)

from東京,大阪 高敞農楽保存会員
プク&解説:神野知恵(カミノチエ)