2020年4月の活動

『チェジェチョル 杖鼓ワークショップ 歩く&呼吸と打つ』

 

4/19(日) 杖鼓ワークショップの第二回をすることになりました。3月に行った「足の運び」の確認と、そして今回は「呼吸」&「打つ」ことに目を向けながら、詳しくお伝えしようと思っています。

自分の体重と、太鼓を打つ衝撃を、どうやって吸収してエネルギーや音に変換して行くのか?を、体感して行きます。

〇杖鼓と歩くことのつながりに関して
https://www.choijaechol.com/lesson-1

〇呼吸と打つことに関して
https://www.choijaechol.com/breathing

経験者、未経験者、どちらの方も募集しますので、どうぞご参加ください。

---------------------------------------------------------------

チェジェチョル 杖鼓ワークショップ 『歩く』&『呼吸と打つ』

日時: 2020年4月19日(日) 18:30~20:30(18:00より会場に入れます)
※26日にも同じワークショップを行います。(場所時間同じです)

場所: スクエア荏原 スタジオ2 (最寄り駅 東急目黒線 武蔵小山)  
http://www.shinagawa-culture.or.jp/hp/page000004000/hpg000003907.htm

会費: 5000円 (会場代,楽器レンタル料込み)
楽器持参の方は -500円

講師: チェジェチョル (韓国太鼓奏者)
https://www.choijaechol.com/

参加申し込み & 問い合わせ
choijaechol@yahoo.co.jp

 

WildSideTokyo 11th Anniversary
仙波清彦&カルガモーズワンマンライブ

前売り 3000円(drinkオーダー) / 当日 3500円(drinkオーダー)  
18:30 OPEN / 19:00 ノイズカレー(OA&FOOD) / 19:30 仙波清彦&カルガモーズ

Wild Side Tokyo

 

仙波清彦、邦楽囃子仙波流家元にしてパーカッション&ドラムも変幻自在に操る至極の間を持つ打楽器奏者。和洋折衷なセンスを縦横無尽に生かしたその音楽はワールドワイドな意味でも日本の宝と言える。はにわオールスターズなど時代を先取りし過ぎたバンド遍歴を経て、現在、仙波清彦&カルガモーズを率いる。
仙波清彦&カルガモーズ、2005年12月より活動開始、結成14年。日本、ラテン、アフリカ、インド、韓国、その他、古今東西の打楽器(17〜20名)とベース、バイオリン、トランペット、キーボード、ヴォーカルのゲストで構成される総勢25人(約)の大所帯バンド。人数、音圧とナンジャコリャ感は唯一無二。人力トランス大打楽器集団による音の洪水を全身で体感せよ!

2020年3月の活動

〈第5回ハブライブ!ラブライフ!&まのび堂1周年祭〉

東京から太鼓を叩き、岡山県高梁へ移り住んだハブヒロシが、様々なミュージシャンを呼び音楽を繰り広げる「ハブライブ!ラブライフ!」の第5回を行います。場所は、「茶やまのび堂」。お茶を追いかけ高梁へ辿り着き、高梁市川上町にオープンした「茶やまのび堂」も、この3月で1周年を迎えます。このおめでたい1周年を、ハブライブ!ラブライフ!で盛り上げます!祭だ!祭だ!!

ということで、今回は、東京や淡路島から縁のミュージシャンをどど〜んと5組も贅沢におよびしました。日本中世界中を飛び回る個性豊かな方々。一気に観られるのはなかなかないと思います。また、3月で協力隊卒業のハブヒロシ、卒業おめでとうライブ!ともなります。是非、皆さまお誘い合わせの上、お越しください。


【出演アーティスト&タイムスケジュール】
▶︎11:00〜 坪内敦
(アフリカで人類最古の文化を生きるブッシュマンとの出会いの報告)

▶︎12:30〜 佐伯真有美
(淡路島の原住民、オニちゃんfromあふりらんぽ)

▶︎14:00〜 横手アリサ
(涙の歌姫のレコ発ライブサポートメンバーは青ヶ島の太鼓叩き荒井康太とウッドベース奏者の水谷浩章)

▶︎15:30 チェ・ジェチョル
(韓国太鼓チャングの叩き踊りと言祝ぎ)

▶︎17:00〜 馬喰町バンド
(NHKシャキーンで話題沸騰中、ゼロから始める民俗音楽)

▶︎18:30〜 ハブヒロシ with 有漢ちゃんぷるオーケストラ
(幻の長蔵音頭で話題沸騰中、山里パンクバンド)

【出店】
・RE:BIRTH (カレー、スイーツ)
・tulenote(コーヒー、とんぺい焼き)
・tiru and patis curry shop(カレー・夕方から出店)
・まのび堂(猪肉丼、けんちん汁、お茶、アルコール)
・川上中学校の生徒さん考案『みそこんにゃくまん』も発売予定



※内容は、変更になる事もございます。ご了承ください。

【場所】
茶やまのび堂
岡山県高梁市川上町地頭1814

岡山県高梁市川上町に昨年3月にオープンしたお茶屋さん"まのび堂"。

土地から生まれた在来種のお茶を発見し、育むお茶屋さん。

【日時】
2020年3月1日(日)
open:10:00
start:11:00(〜19:00)

【料金】
前売り料金:2000円
当日料金:2500円
※高校生以下無料
※駐車場無料
※受付後、入場退出は自由です。
(再入場の際は、受付にてチェックします)

【駐車場】
・川上地域局駐車場
・ペルソナ横 職員駐車場

【予約・お問い合わせ】
茶やまのび堂
メールアドレス:manobidou @gmail.com
電話:080 3896 6515

 
 

 横手ありさ「わたしははだかんぼ」リリースツアー

※コロナウィルス対策の為、中止決定

3/2(月)神戸旧グッケンハイム邸
「もりとけものとはだかんぼ」


Open 19:00 / Start 19:30
予約2,500円当日2800円 ※小学生以下無料

「出演」

横手ありさ(with 水谷浩章ba / 荒井康太ds)


チェ・ジェチョル(韓国太鼓、唄etc)


旧グッゲンハイム邸
〒655-0872 神戸市垂水区塩屋町3丁目5-17
Tel.078-220-3924 Fax.078-202-9033
http://www.nedogu.com

 

『チェジェチョル 杖鼓ワークショップ 歩く』

 

3/15日ワークショップをすることになりました。今回、太鼓を叩きリズムを感じることは勿論、「足の運び」について詳しくお伝えしようと思っています。

自分の体重と、太鼓を打つ衝撃を、どうやって吸収してエネルギーや音に変換して行くのか?を、体感して行きます。杖鼓と歩くことのつながりを言葉でまとめてみました。
https://www.choijaechol.com/lesson-1

経験者、未経験者、どちらの方も募集しますので、どうぞご参加ください。

---------------------------------------------------------------

チェジェチョル 杖鼓ワークショップ 『歩く』

日時: 2020年3月15日(日) 18:30~20:00(18:00より会場に入れます)

場所: スクエア荏原 スタジオ2 (最寄り駅 東急目黒線 武蔵小山)  
http://www.shinagawa-culture.or.jp/hp/page000004000/hpg000003907.htm

会費: 4000円 (会場代込み)
楽器レンタルは +500円

講師: チェジェチョル (韓国太鼓奏者)
https://www.choijaechol.com/

参加申し込み & 問い合わせ
choijaechol@yahoo.co.jp

 

琴鼓'n管コンサート

半年ぶりの琴鼓'n管 新しい曲を続々とお届けします(予定)今回も祝日のお昼なので、お子様連れも安心ですね!

3月20日(金・祝) 渋谷・公園通りクラシックス
開場:15:00 開演:15:30
予約:¥3500 当日:3800
*中学生以下無料

小林 武文(ドラム)
チェ ジェチョル(チャンゴ)
鈴木 広志(サックス)
木村 仁哉(スーザフォン)
相川 瞳(ビブラフォン)
上原 なな江(マリンバ)

淳子さんの木版画によせて
~作曲と演奏と ピアノも少し~

※コロナウィルス対策の為、5/24へ延期決定


2020年03月29日(日)
OPEN 15:00/START 16:00/CLOSE 18:00
要電話予約 3,000円 当日3,500円 限定45席

葉月ホールハウス/03-5310-3546/(13:00~19:00)
〒167-0041 東京都杉並区善福寺2-30-19
http://hazukihh.com/index.html

「出演」
サクソフォン 鈴木広志 

suzuki-hiroshi.com

韓国太鼓(チャング)チェ・ジェチョル
choijaechol.com

ギター 田中庸介
tanakayosuke.com

木版画●宮嶋淳子●みやじま・じゅんこ
木版画展「あたり さわり」

2月20日(金・祝) ~ 04月11日(土)

[OPEN] 木金土日 13:00~18:00 入場無料(作家在廊 土+日)

*3/29(日)は音楽会のみ

知らないからせつないこと。
知らないからうたえること。
知らないわたしが版をかさねる。
             ──宮嶋淳子

 
 

2020年4月の活動

WildSideTokyo 11th Anniversary
仙波清彦&カルガモーズワンマンライブ

前売り 3000円(drinkオーダー) / 当日 3500円(drinkオーダー)  
18:30 OPEN / 19:00 ノイズカレー(OA&FOOD) / 19:30 仙波清彦&カルガモーズ

Wild Side Tokyo

 

仙波清彦、邦楽囃子仙波流家元にしてパーカッション&ドラムも変幻自在に操る至極の間を持つ打楽器奏者。和洋折衷なセンスを縦横無尽に生かしたその音楽はワールドワイドな意味でも日本の宝と言える。はにわオールスターズなど時代を先取りし過ぎたバンド遍歴を経て、現在、仙波清彦&カルガモーズを率いる。
仙波清彦&カルガモーズ、2005年12月より活動開始、結成14年。日本、ラテン、アフリカ、インド、韓国、その他、古今東西の打楽器(17〜20名)とベース、バイオリン、トランペット、キーボード、ヴォーカルのゲストで構成される総勢25人(約)の大所帯バンド。人数、音圧とナンジャコリャ感は唯一無二。人力トランス大打楽器集団による音の洪水を全身で体感せよ!

© 2020  Choi JaeChol  All Rights Reseved.