© 2020  Choi JaeChol  All Rights Reseved.

「Chango Walk 2015」紀行文

文 チェジェチョル

チャンゴウォーク2015 Part1 東京~星州(韓国)へ


2015年に行った『チャンゴウォーク』のまとめ記事です。旅をしながらFacebookに書き記した文章を時系列でみれます。2015年8月8日に東京 haco gallery(代々木上原)を出発し、9月18日にゴールの星州ソンジュ(韓国慶尚北道)までの道のりを叩き歩き進んだ旅の日記です。


-2015/7/27-

旧東海道を歩く為、探していた巻紙の地図を紀伊國屋書店で発見しました。安政四年(1857年)作のようです。今回チェが通るのルート(東海道)と、韓国のゴール地点 慶尚道がもれなく記されとても可愛らしい巻物。宝箱の隠し場所が、秘密裏に書かれて居るんじゃないだろうかと思ってしまいます。伸ばすと大分長くて胸が弾みます。出発までのカウントダウン、残り12日です。


[Chango Walk 2015 Start Live &安田食堂]

https://www.facebook.com/events/997699816915020

出発ライブ後、都内を少し叩いて歩き進むのでどうぞ一緒に歩いてみて下さい。(代々木上原~港区界隈まで)






-2015/8/3-

昨日の出発ライブを多くの皆に祝ってもらい「明日から電車乗って小田原とか行ったら、大分、大分ペテン師だなぁ」と撮影のウッチー(内野公紀)と話してました。ちょもさん(本杉淳悟:ビデオ撮影)の麻布の家を早朝出発し、荷物の再パッキングするのに一旦自宅へ戻ろうと、うっかり南北線に乗っちゃいそうな東京の日常的モードがまだまだ残っています。麻布〜戸越〜横浜 いつもみている「戸越銀座」の看板が何だかちょっと違って見えます。さて、旅の本編始まりです。江(戸越)しからソンジュへ。出発早々、景気つけで乾杯!(18:06)只今、六郷を渡って神奈川県入りました。戸越八幡出発から、本日二回目の乾杯 多摩川越してすぐ。横浜ゴールしました(21:47)本日三回目の乾杯!今日は長かったです。皆、頑張りました。


-2015/8/10-

今日は、横浜〜茅ヶ崎に向けて30km強を進んでます。 昨晩泊まった横浜の温泉施設、その名も「楽園SPA EAS」。まさに楽園でした。 源泉掛け流しがとても暑かったです。保土ヶ谷宿〜戸塚宿の間。 細胞にインプットされてた5年前のチャンゴウォークの記憶が、ちょっとずつ蘇ってきてます。今回新たに導入した走り叩きの技を試してみました。「叩き走れた! 走っちゃった方が下り坂は楽だなぁ」とマイナーチェンジを感じつつ、一歩一歩西へ移動しています。そろそろ家に戻るのが淋しい距離に入って来ました。戸塚宿を通過し茅ヶ崎まで残り17kmくらい。先程、道端のワンチャンに心を奪われました。こんな車停めだったら、絶対にタイヤをぶつかれないですわ。



-2015/8/11-

昨日は午後10時5分 茅ヶ崎に到着。ゴール手前で茅ヶ崎のパーカッション仲間、田中さんも自転車で合流。最後までドンと叩き進めました。下り坂で自然と走ってしまうのが、たまらなく感じ良いです。今日は小田原までの道のり。どんなことになるのか、楽しみです。代々木を出発してからの初海が、もうちょっとで出ます。平塚宿通過して、只今大磯手前。


午後7時30分、小田原到着。昨日も長いチャンゴウォークでした。箱根の山が近付いて来ました。ちょっとずつ大きくなってます。酒匂川の橋で見わたす箱根の山々。「あの山を越えるんだ」と思いました。そして小田原駅で待ち構えてた小田原シスターズと夕食へ。呑み屋さんで『ちょっと聴きたいなぁ』と言う事でチャンゴ&歌を披露をしました。-あの山越えて海へ行こう- お客さん初めて聞くのに一緒に大合唱してもらい、感無量でした。小田原、凄い! 酒人、素晴らしい!そして何より誰より、小田原シスターズには本当に感謝です。有難です。今日は箱根の山にて、チャンゴ遊び。旅は続くよ、韓国まで。

【次のページ】part2 小田原~興津へ