「Chango Walk 2015」紀行文

文 チェジェチョル

チャンゴウォーク2015 Part2 小田原~興津へ



-2015/8/10-

『チャンゴウォークってどんな感じかな? 』8月10日の記録です。 横浜〜茅ヶ崎 での出来事です。 色んなヒントを得たみたいです。 荷物重いんだけど、やっぱり走ると気持ち良いです。撮影は、ちょもさん。

https://youtu.be/lLd7NHovAJ8



-2015/8/12-

小田原を出て、正午に箱根湯本に到着。あゆみちゃん&田口さんと合流。代々木から歩いて来て自分の足でたどり着いた箱根。連なる山々を見ながら、思いがどんとん膨らんで行きました。明日通る本線から、少し脱線をして石仏群を見に行きました。帰りに寄った芦ノ湯温泉。絶品お湯。素晴らしかったです。明日は、箱根湯本駅〜芦ノ湖を旧街道「石畳」を叩き進みます。


-2015/8/13-

今日は箱根の山を、叩き歩き&叩き走りました。天候が急変する中で、参加の皆、素晴らしい時を過ごしました。誰も、怪我をせずに無事に芦ノ湖に着けて、本当に良かったです。雨で濡れた石畳みを踏み歩きながら通る箱根の旧道。本当に心地良かったです。


-2015/8/14-

   昨日の石畳み(箱根湯本駅〜芦ノ湖)に続き、今日三島方面への石畳み。雰囲気が全然違います。湯本~芦ノ湖が表ならば、芦ノ湖~三島が裏という感じでしょうか。鬱蒼とした旧道、木々がワイルドに生い茂っています。いよいよ静岡県に入ります。(9:45 芦ノ湖出発)チェの絵葉書、初投函しました。三島に到着。明日から夏祭り、お囃子の音が鳴り響いてます。


-2015/8/15-

箱根峠を、降りてくる途中、見渡した風景、いやーとっても、素晴らしかったです。昨日、撮影した箱根湯本駅〜芦ノ湖までの道のりです。

前半 - 叩き歩きと歌「あの山越えて 海へ行こう」

後半 - 叩きながらの疾走石畳です。

https://youtu.be/tQtmKJOZU6U



  沼津に出ました。千本浜で海水浴中です。箱根越えで疲労した足の箇所箇所をヒールしてます。一人で進んだ、箱根峠からの下り道、予想以上に負荷が有ったみたいです。 海に入りながらその時間、太陽光でバッテリー充電。凄いことです。静岡大きくて長いです。 海も富士山も、でーんとしてます。 カッチョ良いです。 松の木の無限ループが凄くトランシーです。


-2015/8/16-

  おはようございます。富士山の目の前にして自然の造形美に、朝から驚愕しております。 今日は由比より向こう薩埵峠越えて、興津まで進みます。 観光って「光を観る」と書くけど、その言葉の意味を実感しています。

一昨日は夜中の雨で余り眠れず、昨晩は熟睡完了、元気が充電されました。サウスフィールドのテントは安いけど、とても良いです。持ち運び式のソーラーパネル。これで発電しながら歩けるのか? 実験です。只今モバイルバッテリーのメモリは3個です。


富士川を越えて蒲原宿に突入。長〜い富士川橋を降りて、水場で行水をしてたら隣りに猫ちゃんが居てました。 凄く気持ち良さそうな寝姿。行水終わったら向きが変わってた。

コンビニ前で絵ハガキを書いてたら、地元の子に「どっから来たの? 東京? 歩いて? ウへー!!」と盛り上がりました。コンビニで、いまさっき買って口に含んだレモン水の吐き捨て遊びをしてて(笑)ほぉ〜!勢いが良い!と思いました。



-2015/8/17-

昨日の後半は由比から、薩埵峠を越えて興津へと。江戸無血開城を支えた幕末の「山岡鉄舟」江戸から薩埵峠までを2日で来てる… 信じられないです。6年前のチャンゴウォークの時にそのことを知って本当に驚いたけれど、今回改めて、ただ事ではないと感じました。

山岡さんの気合い走りが無ければ、江戸無血開城も成立しなかったと思うと、本当に頭が下がります。官軍に追われて藤屋に逃げ込んで、隠し階段から船に乗って清水の次郎長に会いに行く。そんなストーリーがここで起こったのだと思うと胸が高鳴ります。心と体が豊かな人。山岡さんが開いた無刀流… 凄いネーミングセンスです。 叶わないけれど、山岡さんの駆ける、動く姿、1度見てみたいです。 http://www5e.biglobe.ne.jp/~masaji/tesshu/fujiyabogakutei/

【次のページ】Part3 興津「清見寺」~浜松へ


【前のページ】Patr1 チャンゴウォーク2015 東京~星州(韓国)





© 2020  Choi JaeChol  All Rights Reseved.