© 2020  Choi JaeChol  All Rights Reseved.

「Chango Walk 2015」紀行文

文 チェジェチョル

チャンゴウォーク2015 Part5 潮見坂~知立


-2015/8/25-

江戸から300km 進んで来ました。良い感じのお店のネーミングがチラホラと出てきました。静岡の、のほほんとした感じと、愛知の戦国時代な感じ「パチンコ将軍」。豊橋から豊川へと移動し、只今五社稲荷神社で雨をしのいでいます。


カラダは本当に正直だなぁ〜と思います。出発して筋肉痛的な痛みはあっても、何というか嫌な痛みの気配は全然無くこれまで来れました。昨日の朝、今日と、現地は涼しいを通り越して寒いです。途端にカラダから痛みが出てきました。「そりゃ、そうだ」と自分に言い聞かせていました。昨日まで一生懸命に冷却システムを働かせて、血を全身送り、大量の汗を出していたカラダなのに、それが突然真逆になってしまいました。カラダの部位からしてみたら『今日も頑張ってカラダを冷やすぞう!おぉぉ!』みたいに働いていた途端『あれ?今日は温めるらしいぞ!? 皆温めろ〜 なんじゃこれ?!』のような感じでしょうか。以前の経験からすると、もう少し山の地域、亀山から先の気温が下がる辺りで症状出るかなぁ〜と思っていたんですが、大分早めにカラダの異変が来ました。幸い、休み休みやれば大丈夫な程度です。服も気持ちも、秋用の支度を始める時が来たみたいです。 昨日は、炎天下の昼間。今日は、寒い風が吹き付ける1日。そして明日は、再び猛暑厳しい午後。みたいなのも、ありそうです。敏感なカラダ、自分でも凄いな思っています。ある意味で俊敏に気温に対応している。まだ対処出来てないけど。これから着る物しっかり整えて行きます。「チェ君、なんでいつも叩き歩く時期は、夏なの?」と聞かれることがますけど、寒くてカラダが冷えるのよりも、暑くてもカラダを温めていたいからです。


ふらっと立ち寄ったお寺の仏さんの顔、とても柔らかくてファンになりました。初めネコちゃんを担いでいるのかと思いました。この分だと、韓国に居る頃は、極寒だろうなぁと思います。(豊川市にて)


-2015/8/26-

昨日は豊橋辺り雨が物凄くて、チャンゴウォーク中のチェを心配して下さった皆様、お気遣い本当に、ありがとうございました。体の調整と安全の為、国府駅から豊橋に電車で戻り温浴施設「極楽湯」からネットカフェという流れで、雨をしのぎました。今日又、国府駅から降り出しスタートして名古屋方面を進みます。

嵐の中で、風に激しく揺れ動く草花の様子を見ながら「何と美しいことかっ! 」と感嘆していました。自分のカラダを使って、風にも、大地にも、草花にも、雨にも、そして陽の光にもなれたら、素敵だなぁと思っていました。しなりを効かせて、進んで行きます。



風とともに遊び 雨とともに揺らぐ 地を歩き進み 水の流れる方へと 進めば近づき 進めば離れる 目指すその向こう側へ もう一歩、その向こう側へ 良き時も、悪き時も 時に痛みや、悲しみも 楽しさや、幸福も 焦らずじっくりと ゆっくりと受け入れる その時、カラダは語り始めてくれる この世に立って居られるのは 自分のチカラでは無いことを 大地がど真ん中へ引っ張り続けていることを 思ってる以上に穏やかに、 ゆっくりと語り始めてくれる 一歩一歩、踏みしめるのじゃなく 一歩一歩、大地と瞬間お別れをして、又、大地に迎えて入れてもらう ただただ、その繰り返し 人が歩くことは、地上を滑ること 滑らかに、しなやかに、踏ん張らず ゆっくりで良い、さぁ歩き進もう


-2015/8/27-

昨日、愛知は岡崎に入りました。自分のカラダの声、天候や自然の流れと一緒にダンスをしながら叩き歩き進んで来ました。ビュンビュン走り抜ける車の速度や間合いの違いで、心と脚元がおぼつかなくなりつつも、名古屋まで残り2日となりました。 昨夜遅く降った雨「まぁ良いか、よし。」と決心し、今回の旅で初の屋根なし雨中テントで一晩過ごしました。やっぱり大好きです。雨の音が「ポツポツ」「ザーザー」と、色んな音に変化します。嵐になるかどうかの気配だけ感じつつ、雨の音を楽しみながら寝ていました。テント泊、風の音は物凄く怖いけれど、雨の音は心地良いことが多いかなぁと、思います。


-2015/8/28-

昨日は岡崎にて、少しゆっくりモードで、洗濯&荷造りをし直していました。テントを乾かそうと、岡崎城公園に向かったら徳川家康さんに呼び止められました。武将の一人が自分の腰に差してるカタナに触れながら「カタナ持って見ますか?」と言ってくれました。そんな、お城の門前でカタナを渡されて、家康さんとかいたら「下剋上じゃ〜!ヤァァーッ!」と面倒な事になりそうだったので『ありがとうございます、カタナ大丈夫です』と言っておきました。 内心は千載一遇のチャンス、家康討ち取ったり!って言いたかったのですけど。


岡崎城を後にしコインランドリー探しの旅へと。 なぜでしょうか?静岡県では、あんなにも沢山有ったコインランドリーが全く見当たらないのです。豊橋入った途端から思いました。何の違いなのか?潮風が無いのか?財布の紐?など疑問を抱きつつ、ランドリーで洗濯をし、味噌カツで一人で乾杯。ご飯お代わり自由。寝床は体育館の庇の下でした。熟睡出来て、清々しい朝を迎えています。今日は豊明まで進みます。


-2015/8/28-

ゾロ目ゲットです。知立入りました。道路横に立っている看板。分かる人には分かるのだろうか?私は分からないけど、自分的には妙なテンションとなり、活力を貰ってます。迷い犬の為に飼い主の写真を広告するのかな?

そして知立の大あんまき。かわがもっちもちで、あんも爽やかな甘味でとっても美味しいです。明日は名古屋に入って行きます。

【次のページ】Part6 豊明~庄野へ


【前のページ】Part4 浜松~潮見坂へ